乾燥肌なのか脂性肌なのか肌質を診断したい

乾燥肌なのか脂性肌なのか、その見分け方は用意ではありません。
まず、脂性とは、皮脂が必要以上に分泌されており、油分が多い状態をいいます。
細かく言うと、脂分でテカテカ光った状態で、きめが粗く毛穴がひらいていたり、化粧がすぐにくずれる、という状態をあらわします。
また乾燥とは、角質の含有水分量が低下し、皮膚の潤いがなくなっている状態です。
そのため小じわができやすく、化粧下地などに頼らなければ、化粧のりが悪くなっている状態をいいます。
肌質の診断は、洗顔後30分以上時間をおいてどのような状態かで診断します。
この時、化粧水や美容液などはいっさいつけないようにします。その時の状態が、肌質を見極める一番よい状態といえます。
まず、パサパサな状態が目立ち、皮膚の薄い目のまわりや口のまわりにシワが出てきたら乾燥肌であるといえます。
しかし、Tゾーン、Uゾーンまでパサパサな方は少ないかもしれません。乾燥は水分不足からおこるので、水分を保持し乾燥を防ぐ働きを持つセラミドが含まれた化粧水や美容液でしっかりと補給することが大切です。
また、洗顔後すぐにケアすることで乾燥を防ぐ効果が高まります。洗顔後30分以上の状態が、顔全体脂っぽくなるようであれば脂性肌といえます。
これは、年齢によってはニキビができやすい状態でもあるといえます。
乾燥を防ぐために皮脂を多く分泌している場合もあるので、しっかりと水分補給をすることが必要です。
オイルカットの美容液やさっぱりタイプの化粧水の使用、洗顔を少し多めに行うことで改善を期待できます。
このように洗顔後の肌の状態で肌質は診断できますが、その時の生活環境や、年齢、また季節によっても変化してきますので、定期的な診断が必要になります。
その上で、自分にあったお手入れを取り入れることが大切です。ニキビについて学生時代に非常に悩んでいた方もいらっしゃると思います。私もその一人でした。ニキビで悩んだことがある方、大人になって次第に無くなったという方も多いかもしれませんが、そこでまた問題となるのがニキビ跡です。せっかくニキビが治ったのにニキビ跡でまた悩むなんてもう御免ですよね。そこで私が使用したのはプラセンタです。プラセンタは人体の構造に近いヒトプラセンタという成分からできていますので、シミやシワ、ニキビ跡にも効きますし、アンチエイジング効果もあるスキンケア用品なのです。プラセンタの効果で肌質を改善することができるというわけです。プラセンタは高いというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、それもネットを利用すればお得に購入できますのでおすすめです。悩んでいる方は一度購入して試してみてはいかがでしょうか。

混合肌の人に多いスキンケアの悩み

混合肌というのは部分的に肌タイプが違っている状態のことです。
例えばTゾーンはテカリがあるものの、Uゾーンは乾燥が目立っているなどの別々の肌質が混ざっている状態のことですが、複数の肌質が存在するということもあり、ケア方法に悩んでしまう方もいるようです。
肌質が違っている為に部分的にケア方法を変えてみることが大切ですが、まずテカリが強い部分はしっかりとオイルコントロールを行うようにしましょう。
その為にも毛穴の詰まりを意識した洗顔をすることがポイントであり、そして保湿も必要ですので油分を控えつつ潤い補給を行うようにした方が良いと言えます。
テカリが強いと保湿を疎かにしてしまいがちですが、インナードライの可能性もありますので保湿を欠かさずに行うことが大切です。
インナードライですとテカリがあっても肌内部は乾燥していることがありますので、表面にベタつきがあるからといって油断しないように注意が必要です。
部分的に乾燥している時のケア方法としては、やはり保湿を行うことが大切と言えます。
乾燥している状態の時は水分量が不足していますので、しっかりと肌内部まで潤いを与えることが大切です。
そして乾燥している時は外的な刺激に弱くなるということもあり、ニキビといったトラブルも発生し易くなります。
しかし単純に乾燥だけが原因になっている訳ではないこともあります。ストレスやホルモンバランスの乱れ、生活習慣などが原因になっていることもありますし、そうした時にはストレス対策などもきちんと行うようにする必要があるのです。
肌はスキンケアだけを行えば状態が良くなるわけでもありませんので、色々な角度からアプローチして対策を行った方が効果的にケアすることができます。

自分の肌質に合わないスキンケア

正しいスキンケアを行う為にはまず自分の肌質をよく理解しておくことが大切です。
肌質に合わないスキンケアをしてしまうと肌状態が良くなるどころか悪化してしまいますので、どんなケアをしていけば良いのかを見極める必要があります。
そして肌質ごとにスキンケア方法も変えていく必要がありますが、まず脂性気味の場合は過剰に分泌される皮脂をコントロールすることが大切です。
過剰な皮脂は毛穴を塞いでしまうと言われており、皮脂が酸化して毛穴が詰まることによってニキビができ易い状態になってしまいます。
特に思春期から20代位までは皮脂の分泌が活発になっている傾向がありますので、皮脂対策の為のスキンケアをすることが大切です。
乾燥肌の場合は水分量が少ない状態ですので保湿が大切です。
水分が不足状態の場合も様々なトラブルが発生しますし、肌の代謝が落ちており治りも遅くなってしまいますので、十分な保湿がトラブルを防止する為のポイントと言えます。
乾燥している時にはバリア機能が低下して肌が敏感になっていることもありますので、使用する化粧品から吟味して選ぶことも大切です。
バリア機能が低下している時に刺激性のある化粧品を使ってしまうと症状も悪化してしまいますので注意した方が良いでしょう。
因みに基本的にはどの肌質の場合も保湿は大切です。
脂性気味の場合ですと水分量が豊富にあるように見えてしまいますが、水分量が不足しているゆえに脂性気味になっていることもあります。
水分と皮脂のバランスを整えることが大切ですので、保湿を基本のスキンケアとしてしっかりと行う必要があるのです。
つまりスキンケアのベースは保湿と考え、そこへプラスして適切なケアを行うのが理想と言えます。